プロップは重要です

連日湖上に浮かんで、チェックを続ける店主です。

昨日も、とあるバスボートのセットに湖上に!

そして、今日も天候が回復すればチェックをしたいと

思い、昨日「KISAKA」様にお願いをして、テストプロップを

持ってきて頂きました。

「FURY4」26P
IMG_0885

 

 

 

 

 

いつも、KISAKA様ありがとうございます。

Mercuryエンジンのこだわりや、プロップ一つへのこだわり
熱い想いを持ったスタッフの皆様。

IMG_5202

 

 

 

 

 

 

さて、FURY3とFURY4の違いは?

純粋に、3ブレードプロップ(3枚羽)と4ブレードプロップ(4枚羽)の

違いになりますが・・・実はベンドホールがFURY4には8個セットされています。
(通常のFURY3には3個)

ベンドホールって?

一言で言えば、排気を逃がす穴・・・

船外機は、大きく言うと、水中排気をしており、プロップのセンター(ギアケース中央)より、排気を水中に逃がしています。

水中に排気を逃がすメリットは、排気音が小さいや、排気熱を冷ましてくれる、などメリットがあります。

その排気をプロップのサイドにあけた、ベンドホールより逃がす事により、空気をペラに絡ませる事により、プロップを回す力を
後押ししている役割を果たしてくれています。

そのベンドホールを8個装備した「FURY4」

解る人には解るのですが・・・今日の本題はこれではないので割愛(笑)

 

プロップの違いにより、その走りは大きく変化します。
IMG_0888

 

 

 

 

 

この「FURY4」が出てくるまでは、3ブレードプロップ=トップスピード用
4ブレードプロップ=ホールショット向け(立ち上がり重視)の様な大まかな、分かれ方で分類できました。

その昔・・・「BeFreek」では、HONDA船外機を多くバスボートにセットして、販売していた事も多く、「重い・ギア比が高い」バスボートには中途半端な、エンジンをいかに、バスボートにセットさせるか?

そんな試行錯誤を繰り返した時期がありました。
IMG_5258

 

 

 

 

 

皆さまがよく聞く「ピッチ」とは・・・・
「プロペラ1回転で進むインチ(距離)」=「ピッチ」

25ピッチで有れば、プロペラ1回転回れば25インチ(63.5cm)進む。

その理屈が解れば、そのエンジンとプロップで実際に(理論値)出るTOPスピードが計算できます。

解りやすく、ギア比が2.0の船外機で、最高回転が6000rpmのエンジンなら25ピッチのプロップをつけて走れば・・・

エンジン側の回転が6000rpmなので、減速比0.5(ギア比2.0)なら3000回転/分、プロップを回している事になります。

3000回転×25インチ=75,000インチ一分間に進む・・・・

それを、cmに直して、時間に計算すると、理論値の時速が出てきます。

今回のケースでは「114.3km/h」

その理論値に向かって、セッティングを煮詰めていく作業が、店主が日ごろ「湖上勤務」と題して、バスボートで走っている作業になります。
IMG_5278

 

 

 

 

 

南湖の山の下~アクティバや山ノ下~木浜に向かって、かっ飛ばしている事も多く「他人から見たら迷惑」や「なに飛ばしているねん!」とお思いの事も多いかと思いますが、ご容赦下さい。

定休日の今日も、バスボートのメンテナンスでパワーヘッドガスケットを交換したMercury Optimax225のチェックに浮かびました。
IMG_5387

 

 

 

 

 

もちろん、そんなエンジンチェックの合間にも、I-PadのGPSアプリを起動させて、そのプロップにあった走りをしているか?

日常の作業としてチェックしています。
IMG_5389

 

 

 

 

 

店主のFaceBookによく出てくる、この画像・・・
ただ単に「自己満足でこれだけスピード出ているんだぜ!」と言いたくて、出している訳でもないんですね。

一つ、記録として・・・そしてお客様に説明するために。

今、画期的なプロップが店内に2つ。

一個は・・・「TurboProp FXP」
IMG_0887

 

 

 

 

 

そしてもう一個は「Mercury FURY4」
IMG_0885

 

 

 

 

 

プロップの世界も、日々進化しています。
簡単に言えば、バス釣り・・・

そのバス釣りを支えるバスボート。
そしてエンジン・・・・プロップ。

セッティング(マッチング)されていなプロップで、走っているバスボートも多く、琵琶湖に浮かんでいます。

自動車で、タイヤが無くホイールだけで走っている様なものです。

ボートの性能を最大限に発揮させる「操船の腕」や同船者に「安心」を与えれる走りにコダワル。

そんな「バスボートオーナー」になってみませんか?

そんな「コダワリ」を持ったオーナーこそ、真のバスボートオーナーなんだと僕は思います。