バスボートで一番必要な物

バスボートを取扱い初めて10年。

何よりも、多くのバスボートを扱ってきたビーフリーク。

今朝レンタルを貸し出す際に、ふっとした事で

お盆休み明けに思い直した。

「バスボートに一番必要な物」とは?

「エンジン」「エレキ」「魚探」「GPS」

いや・・・私が一番最初にチェックしたのは

IMG_0488

 

 

 

 

 

 

「バッテリー」

エンジンにしても、艇体側の電源にしても、魚探にしても・・・

全て、このバッテリーが生きてなければ、使えません。

この夏に死んでいった「バッテリー」達。

実際には、インジケーターは生きているけど使えない。

こんな事はザラにあります。
IMG_0490 IMG_0489

 

 

 

 

 

上の画像の3台の内

2台はインジケーターは赤。

要充電状態ですよね。これに皆様騙される。

僕も、13日(日)の朝に騙されました。

フィッシングモニター「ガッキー」に手伝ってもらって

13日レンタル艇のチェックの為、出船してもらいました。

朝一、充電を行っていたバッテリー。しかし・・・・

スロープ降ろしてエンジンを始動しようと思っても、

ウンともスンとも言わず。

はい、騙されました。

中古のバッテリーに再度、載せ替えて出船。

しかし、4時間後に「ガッキー」より電話が入り、

明るい声で・・・「バッテリー死にました♪」

クランキングバッテリーの配線をエレキ側に繋いで

戻って来た「ガッキー」直ぐに「チェッカー」を持って

ボートに走る。
IMG_0491

 

 

 

 

 

ご臨終です。

やっぱり、数値で見ないと感覚的なチョイスだけではダメ。

モニター「ガッキー」が帰ってきた一言目に発した言葉。

「僕のOPTIMAバッテリーに載せ替えましょう。」と・・・

彼もOPTIMAユーザー。
IMG_0486

 

 

 

 

 

それだけ信頼のあるバッテリーでも有ります。

ただ、今後の事を考えてあえて中古のM27MFを載せる(笑)

数値でチェックして、安心できる状態の物をチョイス。

その後の釣行では、問題無く1日を終えました。

エンジンを始動するにも、エレキを使うにも絶対に必要な物。

それって、バッテリーなんですよね。

感覚的にだけでなく、数値としてチェックできる

「バッテリーオーガナイザー」
IMG_0491

 

 

 

 

 

これって、僕たち業者にとっては無くてはならない物になっています。

さて、次回は・・・・これの話。
IMG_0482

 

 

 

 

 

お楽しみに!