ポンプ類のチェックは・・・

雑務に追われ、公式ブログをアップする暇も無く・・・

言い訳は見苦しい(笑)

前回のバッテリーに続き、ボートにとって重要なパーツ。
IMG_0481

 

 

 

 

 

 

各ポンプ類。

大きく分けると、「ビルジポンプ」「ライブウェルポンプ」

の二つに区分出来ますね。

先ほど「バスボートにとって」と書いたのは、バスボートは

言い方悪いですが、ただの桶を浮かべて走らせています。

もちろん、その桶に水が入れば・・・・沈〇です(泣)

その桶にまずは水が入らない様に、気を使うのが「船長」の勤め

ポイントまで全開で走って行って、いきなりアクセル抜いて

「ストップ」していないですよね。

自身のボートの引き波で「バックウォッシュ」を被り・・・

これって意外と多いお話し。

「今日雨降ってないのに、水溜まっています!」

「えっ、バスボートってそんな引き波で水入らないでしょ!?」
IMG_0682 IMG_0683 IMG_0684 IMG_0685

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各部ホールや、ガンネルの隙間から結構ガンガン入ってくる

バスボートも多いですよ。

その為に、水を船外に出すための物が「ビルジポンプ」
IMG_0482

 

 

 

 

 

各メーカーそれぞれの形をしており、大概の物は

ハウジングとモーターが分離するモデルが多いです。
IMG_0483

 

 

 

 

 

モーターが死んだ際に、モーターのみ交換できる代表的な

ビルジが、上記の「アトウッド」製のTUNAMIや

「ジョンソン」製のビルジポンプ
IMG_0484

 

 

 

 

 

他にもトリコロールカラー「ルール」製の
IMG_0679

 

 

 

 

 

このタイプですね。

国内汎用であれば、「ジョンソン」「アトウッド」製を

おススメしています。

また、各モデルには吐出量の記載があり

〇〇〇GPH との表記がされていますね。

500GPHで32L/分

750GPHで47L/分

1000GPHで63L/分

吐出量に関しては、それぞれのボートの大きさによって

判断をして行きますが、750GPHが有れば安心ですね。

そして何よりも重要な事は、上記モーター取り換え式のタイプ

で有れば、マメに清掃をしてもらいたい所です。

格子目の取水口に古いワームやシンカーが詰まったり

モーターにラインが噛んで動きが悪くなった物を

多く見てきました。

バスボートにはラインなどが噛みつく所が非常に多い。

「エンジン・プロペラ」「エレキ・プロペラ」は常に動作

させている部分なので、気を使われている方が多いですが

このポンプ類意外と気にせず使っている?いや使っていない方が

とにかく多いですね。

「ビーフリーク」で買取後、必ずチェックするのはこのビルジや

エアレーターのポンプ。

納艇前の初期整備で交換率NO1!

是非、バスボートオーナー様、一度はチェックしてみて下さい。

さて、作業に戻るので今日はこの辺で・・・・・