ビームがワイドとは?

バサーオールスタークラシックに出展させて頂き

多くのお客様との時間を共有できた事、楽しい夢の

時間を過ごせた事、この場を借りてお礼申し上げます。

また、この様な素晴らしいイベントを支えている、

関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。
IMG_4713

 

 

 

 

 

会場でお会いしたお客様がおっしゃられていた事。

「このサイズで、十分に横広いよね。」

BassCat JAPANブースに展示していた
IMG_4744

 

 

 

 

 

「マーゲイ」は17ft7inの全長。

「パンテラクラシック」は19ft6inの全長

カタログスペックでの、双方のビーム(横幅)は90in

それでも、広く感じるのは何故なのか?

気になり、臨時航行検査を終えたパンテラクラシックのデッキを

少し測ってみました。

IMG_0714

 

 

 

 

 

 

フロントデッキのキャスティングシートポール前のストローク

IMG_0716

 

 

 

 

 

 

150cmを超えたサイズ。

IMG_0718

 

 

 

 

 

 

次に、コンソール前の有効デッキ幅は・・・

IMG_0717

 

 

 

 

 

 

183cmと十分の広さを確保できています。

実際に広く感じるには少し物足りない感じもするので

エレキオフセットペダル(フットコンの一番後ろ)から
フロントデッキエンドまでを、測定すると・・・・

IMG_0719

 

 

 

 

 

 

 

 

バスキャット特有のフットコン位置のメリットで

IMG_0720

 

 

 

 

 

 

なんと、200cm越えの206cm。

去年、デモ艇として国内に入庫した「CARACAL」は

フットコントロールインサート(スペーサー)を入れた状態で
計測して196cmだったので、同じ19ft艇として考えると
デッキ有効長が圧倒的に長い。

「PANTERA Classic」のレングス(長さ)が19’6”
「CARACAL」のレングス(長さ)が19’8”なので・・・
一瞬、測り間違えたか?と画像を見直しました。

昨年の記事は
https://ameblo.jp/befreek/entry-12203234926.html
をご覧ください。

じゃあ、その分リアデッキが狭くなっているんでしょうね。

測ってみましょう。

IMG_0721

 

 

 

 

 

 

リアシート後ろで・・・・

IMG_0722

 

 

 

 

 

 

185cm

リアデッキの長さは

IMG_0723

 

 

 

 

 

 

110cm程とストローク的に少し短いイメージですね。
(昨年測った、カラカルは120cm越え)

此処から見える事は、フロントデッキ側の

有効長×有効幅=有効面積がやはり人間の視覚的に広く

感じさせている事が解りますね。

ここで少し気になった事が・・・

BCB社 CEOのリックが言っていた、
「プーマやクーガーよりフロントデッキは広いんだぜ!」
と言う言葉。

じゃあ、測ってしまえ!
IMG_0724

 

 

 

 

 

クーガーのフロントデッキ(キャスティングシート付近)の
横幅は・・・・

IMG_0725

 

 

 

 

 

 

145cm

IMG_0726

 

 

 

 

 

 

コンソール前の横幅は・・・

IMG_0728

 

 

 

 

 

 

173cm

IMG_0729

 

 

 

 

 

 

有効長は?

IMG_0731

 

 

 

 

 

 

一段下がった、アイスボックスのステップまでで
220cm。
フロントデッキエンドで203cmとなっています。

数値からだけでは見えない部分も大きいですが・・・

クーガー・プーマが20ftオーバーのバスボートなので

いかに「パンテラクラシック」のフロントデッキが広く

有効面積を確保しているのか?が解りますね。

リックが開発コンセプトにあげていた・・・

「アメリカでは、大学でのバスフィッシング活動が盛んなんだ。
その学生たちを支える為にも、買い求めやすい価格で、
尚且つ、フロントデッキで2人が余裕を持って釣りができる
バスボートを作りたかったんだ。
勿論バスキャットボートとしての、走りやクオリティを落とす事
無く作る事は、当たり前だけどな!」

そう言っていた意味が、少し解ってきました。
IMG_0691

 

 

 

 

 

さぁ、今日はこの辺で・・・

終わっておけば良いのですが、定休日の今日は遠方より

お越しのお客様の為に「CHAMPION210 ELITE」の試乗の

準備をしていたところなので・・・・

ついでに測っちゃいました。

2007Modelの「CHAMPION 210ELITE」

あのチャンピオンボートのフラッグシップであり、チャンピオン
ブランドでは最後の年式に近づいたモデル。

僕も憧れ続け、ようやく念願かなって手に入れ・・・・
某エンジンでは、全く走らずエンジン換装をして、ようやく
シェイクダウン。

その後すぐにお客様に「強奪」された元愛艇。

IMG_0701

 

 

 

 

 

 

フロントデッキの有効幅は?
IMG_0702

 

 

 

 

 

見えにくいですが、やっぱり広いですね。
155cmはあります。

IMG_0703

 

 

 

 

 

 

コンソール前の広さは?
IMG_0704

 

 

 

 

 

186cmですね。

エレキポジションからの有効長は?
IMG_0706

 

 

 

 

 

見えない・・・・
いや良く見ると、ステップまでのストロークで見ると
195cm。

リア側は・・・・
IMG_0709

 

 

 

 

 

シートの後ろで195cm。

長さは?
IMG_0713

 

 

 

 

 

117cmと言う結果。

昨年は、バスキャット「カラカル」を測り、その広さに

唸りましたが・・・・

今年は、パンテラクラシックに驚かされました。

バスボートを語る上で良く言われる「BEAM」

何インチ?と聞かれますが、正直、これを見ていると

「ビーム」より、デッキ有効面積の方が、今の日本市場の

ユーザー様にとっては、重要なのかも知れませんね。

ーまとめー

PANTERA CLASSIC
フロントシート部幅   153cm
フロントコンソール前幅 183cm
フロント有効長     206cm
リア有効幅       185cm
リア有効長       107cm

COUGAR FTD
フロントシート部幅   145cm
フロンコンソール前幅  173cm
フロント有効長     203cm
リア有効幅       181cm
リア有効長       121cm

CHAMPION 210 ELITE
フロントシート部幅   155cm
フロントコンソール前幅 186cm
フロント有効長     195cm
リア有効幅       195cm
リア有効長       117cm

 

臨時航行検査を無事に終わったので、耐久試験が待っています。

慣らしを十分に終わらせて、「KISAKA」様の協力の元

最高のセッティングを試してみたいですね。

maxresdefault

 

 

 

 

そう、このプロップの性能も気になるので!

さて、定休日の本日も楽しく仕事させて頂きます。